*

アルニダデスブログ

東アジア情勢のニュースまとめブログ!



キタコレ(゚∀゚)!!

orzあんてな

アンテナバンク

やじうまアンテナ


『自国の為に戦う』と答えた人の割合は日本が11%で最低、海外「本当に興味深い民族だ」 自国の為に戦う意思がない日本人に海外から様々な声

   

↓アルニダデスブログのランキングにご協力下さい!
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(政治・社会)へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ


この統計はいつどこので信憑性はどのくらい?
統計のニュースソース下さいできれば日本語で最新の統計があればもっといい。

1: 名無しさん@おーぷん 2017/02/10(金)14:52:03 ID:AWE
画像/http://i.imgur.com/HmkMKtT.jpg

今回は海外大手サイト9gagで大きな話題になっていた、
「自国のために戦う意思」に関する、国際世論調査の結果からです。

調査はギャラップ社が64カ国6万2000人を対象に行ったもので、
「自国の為に戦う」と答えた人の割合は日本が11%で最低となっており、
その後はオランダ(15%)、ドイツ(18%)、ベルギー(19%)、
イタリア(20%)と、ヨーロッパ各国が続いています。
最も割合が高かったのは、モロッコとフィジーで94%でした。

興味深い調査結果に、外国人から様々なコメントが寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

◎コメント詳細は下記からどうぞ(・ω・)ノ
http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2219.html

◎ソース元
https://www.facebook.com/9gag/photos/a.109041001839.105995.21785951839/10155366197301840/?type=3&theater



2: 名無しさん@おーぷん 2017/02/10(金)14:56:48 ID:Qua
昔の日本人も家族の為、戦友の仇をとるため、その次くらいがお国の為
だから問題ない

3: 名無しさん@おーぷん 2017/02/10(金)15:05:53 ID:69t
恐怖ゲージの振り切れた後は、粛々と対応するだけですよ
口先だけの西欧は東欧諸国あたりでも見習うといいのでは

4: 名無しさん@おーぷん 2017/02/10(金)15:07:51 ID:MoV
9条バリアがある限り国のために戦うという事態にはならないという設定になっております

いちばんよくわかる!憲法第9条

いちばんよくわかる!憲法第9条 [書籍]

著者西 修

出版社海竜社

出版日2015年4月8日

商品カテゴリー単行本

ページ数242

ISBN4759314229

Supported by amazon

6: 名無しさん@おーぷん 2017/02/10(金)15:12:15 ID:Qua
こんなのより戦争になったら他国に逃げますか?
という質問のほうがわかりやすい

7: 名無しさん@おーぷん 2017/02/10(金)15:13:46 ID:cMQ
枢軸国がしっかり下位だな

そして紛争国や途上国が上位に並んでるなあ

悪の枢軸を訪ねて (幻冬舎文庫)

悪の枢軸を訪ねて (幻冬舎文庫) [書籍]

著者雨宮 処凛

出版社幻冬舎

出版日2004-12

商品カテゴリー文庫

ページ数292

ISBN4344405854

Supported by amazon

9: 名無しさん@おーぷん 2017/02/10(金)15:43:01 ID:cwh
そもそもこのソースの信憑性は?

10: 名無しさん@おーぷん 2017/02/10(金)15:49:18 ID:m5m
こんなもんだろ

11: 名無しさん@おーぷん 2017/02/10(金)15:57:22 ID:OKG
江戸から明治への激変に対応したのが日本人
スイッチが入ったら様変わりするだろ

12: 名無しさん@おーぷん 2017/02/10(金)16:23:53 ID:XTR
>この質問、「(母国のために)戦えるか?」の前に、「喜んで」っていう言葉があるんだよな。
ああ、なるほど

13: 名無しさん@おーぷん 2017/02/10(金)16:31:03 ID:tk7
日本は勇ましいことは言わないがいざとなったら戦うと思う。

14: 名無しさん@おーぷん 2017/02/10(金)16:49:30 ID:eqh
この統計はいつどこので信憑性はどのくらい?
統計のニュースソース下さいできれば日本語で
最新の統計があればもっといい

15: 名無しさん@おーぷん 2017/02/10(金)16:58:17 ID:m5m
なんか海外の反応をソースにスレたてはどうかと思うよ。
それにネタも古い。

調査元を調べたブログがある。
興味あるならこれ↓見たら?



「国のために戦う」人の割合、日本が最低? データが意味するもの
dragoner | ブロガー/見習い猟師(石動竜仁)
2015/3/24(火) 0:32
http://bylines.news.yahoo.co.jp/dragoner/20150324-00044155/

25: 名無しさん@おーぷん 2017/02/10(金)17:36:24 ID:eqh
>>15
わざわざありがとうございます
後でじっくり読みます

27: 名無しさん@おーぷん 2017/02/10(金)17:42:48 ID:PhS
>>15
中々面白いな、アンケートや統計ってこれだから油断ならねーわ。

16: 名無しさん@おーぷん 2017/02/10(金)16:58:57 ID:m5m
でもみんな戦って欲しがってるんだなぁ

20: 名無しさん@おーぷん 2017/02/10(金)17:24:26 ID:m5m
>>16
これ書いておいて自分でも意味が通じないな。
みんなのレスみてね、「日本人には戦ってほしい」って
思ってるように感じられた、ということね。
なんでかね。

22: 名無しさん@おーぷん 2017/02/10(金)17:30:27 ID:Egr
>>20
戦わないと他国から判断されたら、亡国の危機だろ?

どんなにいじめられても反撃しない生徒のようなもんで、

いじめ殺されるのがオチ。

それは嫌だと思うのが、ふつうの人間じゃないかな。

17: 名無しさん@おーぷん 2017/02/10(金)17:14:40 ID:dzu
マジックかな?w

18: 名無しさん@おーぷん 2017/02/10(金)17:14:52 ID:Vui
本当に危機的状況が迫らないと動かないのが日本

19: 名無しさん@おーぷん 2017/02/10(金)17:19:03 ID:spL
戦って欲しいのかよ
日本人が本気で怒ったらどうなるか、分かってないようだな毛唐風情どもが

21: 名無しさん@おーぷん 2017/02/10(金)17:29:01 ID:FcP
>>1
俺もいい歳やし、国を護る為ならビシャビシャにやったるで。
子孫たちを護らんと。
まず、損害務省や法無省辺りにカチコミせなあかんの違うの、その為にわ。

23: 名無しさん@おーぷん 2017/02/10(金)17:33:00 ID:PhS
大口を叩くような国民性じゃないしな、いざという時やれるかどうかだわ。

24: 名無しさん@おーぷん 2017/02/10(金)17:36:03 ID:P4a
国の為に戦うのではなく、日本人は銃後の家族の為に戦うのだよ

28: 名無しさん@おーぷん 2017/02/10(金)17:45:45 ID:Deq
>>24
これからは、地球環境を守るためというのもあるかも。

29: 名無しさん@おーぷん 2017/02/10(金)17:46:24 ID:Edp
通州事件、通化事件が広まればもっとあがるよ
家族にあんなことをされるなら、戦うしかない

慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件

慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件 [書籍]

著者加藤康男

出版社飛鳥新社

出版日2016年10月6日

商品カテゴリー単行本

ページ数328

ISBN4864105146

Supported by amazon


通化事件―“関東軍の反乱”と参謀・藤田実彦の最期

通化事件―“関東軍の反乱”と参謀・藤田実彦の最期 [書籍]

著者松原 一枝

出版社チクマ秀版社

出版日2003-08

商品カテゴリー単行本

ページ数259

ISBN4805004207

Supported by amazon

30: 名無しさん@おーぷん 2017/02/10(金)17:49:35 ID:gYO
ソースの判断はWikipediaの[[Wikipedia:信頼できる情報源]]を一読しておくといい
2ちゃんねるやtwitterみたいな、査読が入らない一次資料を、編集者が独自に解釈する危険を戒めてる

すまん、独自研究の方だったかも知れん

31: 名無しさん@おーぷん 2017/02/10(金)17:54:46 ID:Shu
左翼・リベラル・社会・共産主義者にダマされて洗脳された
哀れな日本の市民たちを
世界はせせら笑っています。
大谷昭宏、植村隆、岸井成格、金平茂紀氏ら
左翼・リベラル・社会・共産主義者ジャーナリストは
嬉しくてたまりませんね。

冤罪の恐怖 人生を狂わせる「でっちあげ」のカラクリ

冤罪の恐怖 人生を狂わせる「でっちあげ」のカラクリ [書籍]

著者大谷 昭宏

出版社SBクリエイティブ

出版日2011年2月25日

商品カテゴリー単行本

ページ数184

ISBN4797363525

Supported by amazon


真実 私は「捏造記者」ではない

真実 私は「捏造記者」ではない [書籍]

著者植村 隆

出版社岩波書店

出版日2016年2月27日

商品カテゴリー単行本(ソフトカバー)

ページ数224

ISBN4000610945

Supported by amazon


偽りの保守・安倍晋三の正体 (講談社+α新書)

偽りの保守・安倍晋三の正体 (講談社+α新書) [書籍]

著者岸井 成格, 佐高 信

出版社講談社

出版日2016年6月21日

商品カテゴリー新書

ページ数192

ISBN4062729407

Supported by amazon


抗うニュースキャスター

抗うニュースキャスター [書籍]

著者金平 茂紀

出版社かもがわ出版

出版日2016年9月16日

商品カテゴリー単行本(ソフトカバー)

ページ数288

ISBN4780308585

Supported by amazon

26: 名無しさん@おーぷん 2017/02/10(金)17:41:19 ID:vw7
戦う相手はこちらが決める

引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1486705923/

↓クリック1回アルニダデスのブログランキングにご協力下さい!
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(政治・社会)へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ

 - ニュース速報+, デスの国ネタ , , ,

ウホウホあんてな

2chまとめのまとめアンテナ

orzあんてな

ギコあんてな

ブルーアンテナ

ニュース星3つ

にゅーもふ